読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末ひとりけんきゅうしつ

つれづれなるままにひぐらし音楽と社会をながめる人のひとりごと。

follow us in feedly

cero/Obscure Rideを“シティ”と“ポップ”に分解する(2)“シティ”=わたし達の街の不確かさ、わたし達の見ている「今」

ありふれた日常と普遍の周りを回遊しながら、時折のぞかせる不穏さ。 それは、震災以降改めて気付かされた我々の街の不確かさ。 都市という存在そのもののフィクションや空虚、それゆえに内包する不気味さ、それを眺める自分がいま居るここが夢か現実か定か…

cero/Obscure Rideを“シティ”と“ポップ”に分解する―(1)“ポップ”=対抗文化性

初めに…このエントリーの内容はもうとっくに考えてはいたのですが、私がぐずぐず文字に起こしかねている間に、ほぼ同じ論旨の記事を金子厚武さんが書かれました!笑 良く考えれば私がこの記事を練るのにおおいにヒントになった記事の1つが金子厚武さんによる…

cero/Obscure Ride を“シティ”と“ポップ”に分解する [続・ニッポンの内と外] ― (0)小沢健二/Eclecticの「イビツさ」についての一考察

ceroの3rdアルバム”Obscure Ride”が約1ヶ月ほど前にリリースされ、各所で絶賛を浴びているのは周知のとおり。 Obscure Ride 【初回限定盤】 アーティスト: cero 出版社/メーカー: カクバリズム 発売日: 2015/05/27 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) …

補論: “J”という記号、ニッポンの内と外

次はceroの話をすると言っていたのですが、 一旦、短い違う話を書くことにしました。 でもこれは次の話をするのに、しっかりつながってくる話なのです! 新しい“シティポップ”と渋谷系について書いていくつもりなのですが ここでその下準備を挟もうかと思い…